Currently Being Moderated

日本時間 8月6日 午前5時

 

さて、約ちょうど一ヶ月ほど前ですが、

日本仮想化技術株式会社の皆様のご協力による検証に関する

第1回目の記事をご紹介致しました。

第2回目の記事が搭載をされたので、あらためてご紹介致します。

 

大変実践的に、そして順を追って丁寧に記述をされている記事ですので、

多くの方々にとってお奨めです。ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

 

検証から学ぶVDIストレージ(第2回)

検証概要と環境について

仮想化技術検証2.jpg

続きをぜひお読みください、上記写真をクリック!

 

検証概要と環境について、図解入りで大変丁寧に書かれており、どのような設定と動作で進むのか、

が一目瞭然となっております。

 

今回の環境について

仮想化技術検証2_2.jpg

 

クローン(FlexClone)の効果について

仮想化技術検証2_3.jpg

+(引用開始)++

 

例では1台の仮想マシンをベースに9つクローンしましたが、

FlexClone を使った仮想マシンのクローンは何台クローンしたとしても

マスター仮想マシンイメージの実消費サイズしか消費しません

 

つまり、例であげた仮想マシンをFlexCloneで

 

100台クローンしようが、

200台クローンしようが

 

イメージのオリジナルサイズである13.6GBしか消費しないということです。

 

まさに手品ですね。

 

+(引用終了)++

 

ということで、実例をもとに、検証結果を記述いただいております。

 

さらに、

 

仮想マシンの変更作業もVSC(=Virtual Storage Console)で簡単に

 

仮想化技術検証2_4.jpg

 

丁寧に書いてくださった大変よい記事ですので、多くの方に参考にしながら、

実際に構築に役立てていただけると幸いです。

 

仮想化技術の皆様に感謝いたします。

 

 

ネットアップ株式会社

エバンジェリスト

河西 学

Comments