Currently Being Moderated

日本時間7月11日(木) - 午前5時


今日はこれから大阪に移動し、Partner Summit 2013 Osaka ということで、昨月より続いて

まいりました、東京福岡名古屋につづき、パートナー企業の皆様へのメッセージ発信と最新情報

のシェアを行います。


さて、昨日はオープンソースとネットアップの関わりと、クラウド戦略とのつながりについて書きましたが、

やはりクラウドとオープンソースといえば、OpenStack についても書かないわけにはいきません。

※OpenStackとの関わりについては、Partner Summitでも触れております。

 

OpenStackとの関わりについても、昨年後半くらいから、ネットアップは公式にも

様々なメッセージを発してきています。キーになる記事のひとつは、

 

     NetApp Contribution Brings Data ONTAP 8 Clustering Drivers to OpenStack

 

     NetApp and OpneStack.jpg

 

であり、


==

“As a charter member of the foundation and an active contributor, NetApp is committed to the OpenStack community,”

said Jeffrey O'Neal, senior director, Solutions Incubation, NetApp. “Our goal is to help organizations of all sizes use

cloud-proven data management with their OpenStack cloud. NetApp will continue to provide resources to expand

the capabilities of public and private clouds built on OpenStack, driving efficiency and reducing risk.”

==

 

ということで、クラウドという基盤の中で、いかにリスクを減らし、運用面での効率性を高めるか、

といった課題に継続して貢献をしていこう、という姿勢を明確にしております。

 

さらに、

 

==

Earlier this year, NetApp became the first major storage company to include support for the

Cloud Data Management Interface (CDMI),an open standard that specifies a protocol for

self-provisioning, administering, and accessing cloud storage. The CDMI standard is

implemented for OpenStack object storage through available add-on packages.

==

 

クラウドにおけるデータマネジメントの主要なキーとなる接続形式、インタフェースである、その名の通りの

 

     CDMI (= Cloud Data Management Interface)

 

この領域でも、ネットアップは強力な支援をしており、実際にわれわれのプロダクトの市場での普及に際して、

CDMIでの考え方を浸透させるべく、クラウドにおけるデータマネジメントがどうあるべきか、ということを

常に考えつづけております。

 

==

“As a charter member and contributor, NetApp is working to make open source solutions more accessible

and available to enterprise organizations. OpenStack's pluggable architecture and the backing of companies

like NetApp enable OpenStack users to choose the best technologies to fit their business needs.”

==

 

ネットアップは、ただただ OpenStack の技術に取り組んでいます、というだけではなくて、

お客様や市場の皆様が、OpenStack の技術を使うことによって

実際のビジネスのシーンでより役立てることができる方法を、そして

ワークスタイルの変革をもたらしていくことを念頭においております。

 

キーとなる注力領域

==

    • Scale while maintaining performance
    • Gain nondisruptive operations
    • Redeploy resources on the fly to optimize environment as needed
    • Enable advanced, automated storage provisioning
    • Reduce disk, space, and power needs with leading storage efficiency
    • Reduce risk with automated and integrated backup and disaster recovery

==

 

上記の注力領域をごらん頂くと、

われわれのclustered Data ONTAPのコンセプトとほぼ同じであることがおわかりいただけると思います。

 

われわれは、clustered Data ONTAPの更なる開発と前進、そして OpenStack のコミュニティーでの

活動により、クラウド環境のなかで、いわば

 

     時空と物理的な制約を越える基盤づくり =  To pass through space, time and matter

 

を実現させようとしているのです。


今後もぜひ、OpenStackとの関わりについては、注目をいただきたいと思います。

 

< 関連記事 >

NetApp and OpenStack

A big Year for OpenStack

OpenStack for ready for deployment

 

 

ネットアップ株式会社

エバンジェリスト

河西 学

Comments