Currently Being Moderated

昨日の夕方、米国西海岸より帰国しました。

成田空港から、初めて京成スカイライナーに乗ってみました。

すっきりとしたデザインもいいですね。山本寛斎氏によるものなのですね。

DSC02390.jpg

成田スカイアクセス線は、まっすぐ成田から日暮里に向かう感覚がよくわかります。

予想していたよりもずっと速く感じました、便利ですね。

 

さて、今回の出張に出かけるとき、空港の書店でもうひとつ見かけて入手したのが、

下記の雑誌です。

DSC02391.jpg

 

クレイトン M. クリステンセン の著書 『イノベーションのジレンマ』(翔泳社刊) は、

われわれの会社でも、創業者や技術の根幹を開発したコアのエンジニアの人々が読むこと

推奨をしている本です。

 

今回の特集記事も、いろいろと興味深いものが多いです。

とくに、「キバ・システムズ」という商品の倉庫への保管や、ピックアップ梱包、配送といった

作業を飛躍的に効率化させるロボットやソフトウエアを開発する会社のストーリーが面白いです。

 

何を考えるべきかではなく、どう考えるべきかという論理を提示

※上記クリックいただくと、インテル社のアンドルー・グローブとクリステンセンの間で交わされた

やり取り 「どう考えるべきか」の提示 のエピソードがわかる記事が読めます(英文)。

 

というのが、クリステンセン先生の根幹にあることがよく感じ取れます。

そして、いちばん重要なのは、「なぜ」それを行うのか? と常に問い続けることも、、、

 

『イノベーションのジレンマ』に関する考察は、今後も時折触れていきたいと考えています。

 

ネットアップ株式会社

エバンジェリスト

河西 学

Comments

Filter Blog

By author: By date:
By tag: